新築施工例

見附市で白い外壁に杉材をアクセントにしたお家

  • 外観

    外観
    白い外壁に杉材をアクセントにしています。

  • ピロティ

    ピロティ
    自由な空間でテラスへと続きます。

  • 玄関ホール

    玄関ホール
    LDKに入る前に手洗いができます。

  • 玄関

    玄関
    壁に靴収納を埋め込んでいるようなデザインにしています。

  • LDK

    LDK
    壁や床に無垢材を使って温かみを出しています。

  • LDK

    LDK
    子どもの勉強机としても使える作業机を設置。

  • キッチン

    キッチン
    LIXILの白いキッチンとキッチン収納で爽やかに。

  • 階段

    階段
    区切らずリビング階段とすることで開放的に。

  • 2階廊下

    2階廊下
    高めに設置した窓から奥までしっかり光を届けます。

  • 寝室

    寝室
    畳スペースを小上がりにして下の空いたスペースは収納にしています。

  • 寝室

    寝室

  • 子ども室

    子ども室
    ロフトを設置することで開放感を出しつつ、十分な収納スペースを確保し、子どもが楽しめる空間としています。

  • トイレ

    トイレ
    LIXIL製のトイレと白でまとめた清潔感ある空間に

  • 洗面脱衣室

    洗面脱衣室
    白を基調に清潔感を大切に。

  • サンルーム

    サンルーム
    家事を考慮して作業台を設置しています。

お客様のご要望

・バーベキューができるテラスが欲しい
・2階寝室の近くにユニットバス や洗面脱衣室が欲しい
・寝室ではベットじゃなく畳で寝たい

提案ポイント

敷地周辺は市街化調整区域ということもあり、住宅が密集していない良好な環境下であり、建物は開放的な形で建てることができました。
間取りや動線はもちろんのこと、耐震性に長期優良レベルの性能、スタイリッシュなデザインと、限られた予算とスペースの中で実現させています。家全体として、できる限り廊下をなくし、階段をリビング階段とすることで、建物の縮小化を図りつつ間取りの要望に対応しました。
要望の一つでもあった外部スペースは、開放的な土地であることから、コストバランスを考えつつ、楽しめる空間としています。
ピロティとテラスを計画し、内部と外部に繋がりを持たせつつ、大人も子ども多目的に利用できるところが魅力です。

施工概要

所在地
見附市
家族構成
大人2人、子ども2人
用途地域
都市計画区域内
市街化調整区域
建ぺい率
70%
容積率
200%
構造・工法
木造軸組構法(在来工法)
構造材
基礎
ベタ基礎
規模
地上2階
敷地面積
246.48㎡(約75坪)
床面積
1階段:44.61㎡(約14坪)
2階段:58.66㎡(約18坪)
延床面積
103.27㎡(約31坪)
間取り
3LDK
主な仕上げ
外壁:金属サイディング
内壁:クロス貼り
床:パイン材、シートフロア
屋根:ガルバリウム鋼板
設計
板善建築(意匠設計/設備設計)
木村設計事務所(構造設計)
施工
板善建築
竣工
2017年 7月
この施工例についてのご質問はお気軽に!